祇園の宿 舞風館

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
profile
search this site.
others
mobile
qrcode

”祇園の宿 舞風館”フロント日記

京都祇園にあります舞風館からお得な情報等をお届けいたします。

スポンサーサイト

  • 2013.05.06 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


京都陶磁器会館

みなさんこんにちは。

清水寺から五条坂を下って東大路通りへ出ると、すぐ右手に京都陶磁器会館があります。
1階は常設展示コーナーで、京焼・清水焼を、見て、触れて、知っていただける空間となっていて、2階では、主に若手作家さんなどの個展や企画展、京焼制作の実演も行ってます。

京焼のはじめは、当時の瀬戸などの最高技術を京都に移して焼くようになったといいます。
初期京焼の代表的な作陶家は、野々村仁清と尾形乾山(1663-1743)が有名であり、また、江戸期の青木木米(1767-1833)のお三方を合わせて「京都三陶工」と呼ばれています。
奥田潁川(1753-1811)は文化・文政期のすぐれた陶工で、彼の最大の功績は、京焼において、最初に完全な磁器を作る技術を切り開いた点にあるといえます。
明治期に入り、近代化とともに、生活様式の西洋化が進む中、コーヒー碗などの洋食器も盛んに作られるようになりました。
そして京焼は、多くの個人作家さん達が活躍される時代を迎えます。

詳しくは京都陶磁器会館のウェブサイトでご覧になれます。
 http://kyototoujikikaikan.or.jp/about/

東山を散策がてら、興味のある方は足を延ばして是非。

開館時間 午前9時30分〜午後5時
休館日   水曜日、木曜日
入館料   無料

フロント 岩本